Topページ
平成26年度 歯・口の健康に関する図画・ポスターコンンクール
 
審査
1位入賞作品
2位入賞作品
3位入賞作品
入賞者
 
1位入賞者
 
国立大学法人東京学芸大学理事・副学長(美術科教育学教授)
増田 金吾
保育所・こども園・幼稚園の部 
学校法人・聖コルベ学園 聖母の騎士幼稚園(年長6歳)武冨 結駕
むし歯予防を意識した様子がよく伝わってくる作品です。また、顔の表現などが子ども(年長さん)らしく、しかもしっかりとした描き方で好感が持てます。口の赤・肌の色・背景の水色がうまく調和し、美しい作品となっています。

このページのトップに戻る

小学校低学年の部
港区立白金小学校(3年)新井 梨央
見ている方が、思わずにっこりしてしまう温かな作品です。犬を含む家族みんながむし歯ゼロを目指し、そこには主役の歯も仲間入りし嬉しそうです。ニコニコしつつ、白い歯を強調して、ポスターの目的をしっかり伝えています。

このページのトップに戻る

小学校高学年の部
港区立白金小学校(5年)梅木 玲音
小学校高学年らしく、「めざせ!8020!」と具体的な目標を示して歯磨きの重要性を訴えています。また、形や色といった造形面においても、歯科保健の大切さが表現されており、ポスターとしての伝達力が感じられます。

このページのトップに戻る

中学校の部
大田区立馬込中学校(3年)藤中 果歩
歯科保健を意識したアイディアが、標語や造形表現に生かされた作品です。その内、文字の表現はしっかりとした明朝体で明暗にも配慮したものとなっており、ポスターとしての伝達力も十分あります。また、絵画としての美しさも備えています。

このページのトップに戻る

高等学校の部
東京都立赤羽商業高等学校(2年)山本 絵里香
「きれいな歯で楽しく食べよう」という標語通り、画面全体に楽しい雰囲気がかもし出された作品です。「歯磨き」とは別の視点から歯科保健の大切さを訴えた点は、よいアイディアだと思いました。人物の表情が良いですね。

このページのトップに戻る

特別支援学級の部
多摩市立諏訪小学校 なかよし学級(小5)鈴木 彩夏
「はみがきをしてはをたいせつに!」という標語にぴったりの人物表現ですね。歯科保健のポスターとしての伝達力があります。それは、標語と共に、歯・歯ブラシ・コップがしっかりと描けているからだと思います。

 
審査
1位入賞作品
2位入賞作品
3位入賞作品
入賞者
 

このページのトップに戻る