Topページ
平成28年度 歯・口の健康に関する図画・ポスターコンクール
 
審査
1位入賞作品
2位入賞作品
3位入賞作品
入賞者
 
1位入賞者
 
国立大学法人東京学芸大学理事・副学長(美術科教育学教授)
増田 金吾
保育所・こども園・幼稚園の部
私立聖母の騎士幼稚園(年長6歳)
塩谷 蒼葉さん
奇麗な白い歯が、まず目につきました。次に真剣な目です。口をしっかりと開け、歯ブラシで一生懸命磨いています。口の中は、爽やかな歯磨き粉で気持ち良さそうですね。絵を通して、私のように「磨いて!」とみんなに言っているようです。

このページのトップに戻る

小学校低学年の部
中央区立明正小学校(3年)
武藤 陽威さん
歯ブラシをしっかり持ってうまく磨いているところを強調し、「はのきれいな子」は金メダルがもらえるよ、と歯磨きの大切さをうったえたアイディアが生きています。全体の配色もいいですね。画面の切り方が斬新でインパクトがあります。

このページのトップに戻る

小学校高学年の部
江戸川区立第二葛西小学校(6年)
砂澤 あゆみさん
静かな中にも訴える力の大きなポスターです。標語「みんなで目指せ8020!」を仲の良いおじいさんとお孫さんの、目が言っているようです。もちろん白い歯も合わせて主張しています。配色の仕方がうまいので、標語と二人が目立ちます。

このページのトップに戻る

中学校の部
大田区立馬込中学校(3年)
小野 鈴太郎さん
歯が強調され、インパクトのある作品です。また、端的な標語「歯は命の源」は、描かれたモノにぴったりです。歯科保健を意識したアイディアが生きており、ポスターとしての伝達力に優れ、形態や色彩的にも良さや美しさがあります。

このページのトップに戻る

特別支援学校の部
東京都立南大沢学園(高等部1年)
米橋 ひなたさん
白い歯の、優しくしっかりした感じの人物がまず目につきました。健康な歯で、ここに描かれたようなものを食べていれば、元気でいられます。標語の色は、青に統一されて見やすくなっていますね。全体的にソフトで安心感のある作品です。

このページのトップに戻る

特別支援学校の部
東京都立小平特別支援学校(小学部5年)
一戸 彩音さん
人物の形と色が柔らかく、温かい感じの作品です。しっかり口を開けて、歯を磨いてもらっているところがよく描けていますね。標語「むしばになるからていきけんしんにいこう」は、大事な「ていきけんしん」の部分を黄色く強調しています。

 
審査
1位入賞作品
2位入賞作品
3位入賞作品
入賞者
 

このページのトップに戻る