Topページ

 本会の会員は東京都内の幼稚園、小学校、中学校、高等学校等に勤務する学校歯科医で構成しています。会員には様々な形態で講習会・研修会を開催して共に学び、更に養護教諭及び保護者への研修会等も行って啓発を図り、ひいては児童生徒の歯・口の健康を守り、又積極的に子供たちの口腔の健康増進を押しすすめることを願って活動しています。

 この目的を達成するために、事業、学術、広報・ホームページ、総務、会計、渉外の会務を分担担当し、各部署が連携をとりながらスムースな会務執行に心がけています。

 毎年2月には本会の最も重要な研究会である「東京都学校歯科保健研究大会」を開催し、表彰および研究発表、タイムリーな話題の特別講演等を企画しています。
 毎年募集している学校歯科保健優良校をこの大会において表彰しており、600校以上から応募をいただいています。その内の6校を全日本学校歯科保健優良校として本会より推薦し、日本学校歯科医会より表彰されています。
 昭和36年より「歯の作文」の募集と表彰を実施しています。各加盟団体を通して小学校および中学校の児童生徒からの作品を募集し、第一次、第二次審査を経て、約100の作品を選出、最優秀作文の朗読発表を兼ね、東京都学校歯科保健研究大会において表彰を行っています。内優秀作文15点(小学校10点、中学校5点)は大会要項および会誌に掲載し、広く会員並びに関係者に配布しています。子供たちの表現する世界は時代とともに変化し、子供たちの歯に関わる感性の違いを知ることとなり、今後とも継続したい事業の一つです。
 また、学校歯科医向けの研修事業として都内を6ブロックに分け、1年に3ブロックごとのブロック別研修会を行っており、同一のテーマで2年間を1クールとして開催しております。さらに、学校歯科医の職務についての理解と認識を深めることを目的とした研修会を開催しています。

 本会には、学術研究委員会と会誌・広報委員会があります。学術研究委員会は、学校歯科保健活動を円滑にかつ有効に推進するための資料作成と研究を行っています。
 平成7年からの就学時健康診断受診児の内、むし歯未経験の児童を対象に生活習慣その他の実態を調査目的とした「歯・口の健康アンケート調査」を平成6年と8年に実施し、リーフレットを作成しました。さらにリーフレットの活用をふまえて、先に紹介したブロック別研修会において広く会員に対し普及指導にもつとめています。

 平成15年には東京都歯科医師会と連携し、「学校歯科医のむし歯ハイリスク児へのかかわり」のリーフレットを作成し、今後、子どもを取り巻く環境への積極的な視点を持つ必要性を提案しています。
 また、平成16年は学校歯科医が、学校現場での児童生徒への歯科に関する講話を、よりわかりやすく、興味を持ってもらえるようイラストや写真の資料を多用した「学校歯科医が行う総合的な学習に時間に対応する講話例」を作成しました。

 平成17年には「歯・口の安全―外傷予防と発生時の対応」を作成して学校歯科医並びに各小・中学校へ送付致しました。
 平成18年には、「学校歯科保健環境に関するアンケート調査」を実施、健康診断や保健指導等の歯科活動の状況等の回答資料を集計・分析し、平成20年に報告書としてまとめ、今後の歯科保健活動の一助に供しました。

 平成20年・21年度の学術研究委員会では、歯科保健の学校領域別の指導書を作成するために協議を重ね、平成22年に「すぐに役立つ学校歯科医の活動マニュアル」と題した幼・小・中・高・特別支援学校の校種別の冊子を発行しました。

 平成22年・23年度には、テーマを「個への対応を考慮した時代の新しい学校歯科保健」とし、家庭環境を踏まえた健康診断、歯列咬合・う蝕の多い者への事後処置、学校・家庭への情報提供の在り方等について意見交換を行い、その集大成として『学校歯科保健活動の場での“気づき”から生まれる「個」への対応』というリーフレットにまとめ全会員に配布しました。

 平成24年・25年度の学術研究委員会のテーマは「味覚」と定め、子供たちの味覚の発達に成人との違いや成長による変化、あるいは地域による違い等について考察するために、幼・小、中学校、高校及び特別支援学校を対象に味覚調査、アンケート調査を実施しております。

 会誌・広報委員会では、年3回の広報誌と年1回の会誌の企画編集を行い、2,000有余の会員と本会とのコミュニケーションと情報の発信を行っています。広報誌は12ページカラー版で写真と情報をおりまぜて読みやすく、親しみやすい広報誌を心がけています。会誌は会員の研究発表、各研修会の講演要旨、作文集、会務報告など年間事業の総まとめを中心に構成して3月に発行しています。このホームページの運営も行っています。

 今後、多くの人々に学校歯科保健活動の状況を知っていただくことで、次代を担う児童生徒の口腔を通して推進していく健康教育をより確かなものとする一翼を担っていきたいと念じています。

このページのトップに戻る